| HOME | 商品一覧 | 施工事例と納入実績 | F A Q | 会社概要 | リンク集 | お問い合わせ | SITE MAP |






H19/9/29
第1回ふくおか安全安心よかまち運動にボランティア参加しました。、
9/29・天神中央公園・水辺の広場で開催。ふくおかの街のモラル・マナー向上を目指して、落書き消しゴム隊に参加。..
H19/7/2
ボランティア活動に参加、
ボランティア団体「落書き消し隊」の活動に参加。活動の模様は西日本新聞、朝日新聞、読売新聞等、多くのマスコミに取り上げられました。
 

福岡市大橋駅西口/
「落書き許さん隊」の活動に参加

地元商店街連盟、名店街、自治会の呼びかけのもと南区役所、南警察署との連携により、参加者約120名で「落書き消し、はり紙はがし、そしてペンキ塗り・コーティング」等を実施しました。

 
福岡市中央区警固公園/ボランティア活動に参加
、デザイン学校学生による下絵作成の後、小学生による塗り絵作業を実施。 落書き・貼紙予防にPioガードを使用。
 
<施工例>
福岡市南区高木、香蘭短大付近のガード下、以前は薄暗く治安の悪い印象がありましたが、地域のボランティアの皆さんのご協力のおかげもあり、Pioガードで施工後、見違えるように明るい印象に生まれ変わりました。


製品に関するお問い合せ


<所在地>
〒815-0033
福岡市南区大橋1丁目3番5号
福農会館202号
TEL 092-554-2656(代)
FAX 092-554-2657






建築物や壁などの落書である「ペイント類」の定着を阻害し、消しやすくします。
コーティング済の標識灯/
貼紙が自然に剥がれる様子
街路灯や標識灯などの貼紙は「のり」の付着を阻害し剥離しやすくします。
防水・高撥水効果があり、素地を保護します。
コーティング後のアフターケアも簡単に行えます。

信号機・道路標識・街路灯・防犯灯
高速道路橋脚・橋梁・歩道橋
自転車置き場・地下鉄乗降口
地下道・トンネル
公園・トイレ
向新町〜堤/街路案内標識へ施工
福岡市内/西鉄大橋駅周辺の施工


塗装仕上げ上塗り面
金属面
亜鉛メッキ面


福岡市南区・警弥郷に施工




工程
商品名
(塗料名)
混合調合
(重量比)
希釈率
(重量比)
標準使用量
(g/?)
標準膜厚
(μm)
塗装間隔
(20℃)
素地調整
パワーツール・ブラシ等を用いて被塗面の不純な付着物
(粉塵・土砂・油分・汚れ・エフロなど)を完全に除去する。
被塗物は十分に乾燥させる。
落書・貼紙防止
     中塗模様付け
不要
 
落書・貼紙防止上塗
Pio
ミラクリンZ
主剤:6.25
硬化剤:1
100〜120
(ローラー)
-
15分〜20分
以内
注) 落書・貼紙防止上塗の塗装はローラー塗り、ハケ塗りも可能。

試 験 項 目
試 験 方 法
結 果
膜 厚 測 定 JIS K 5600-1-7 27μm
粘 度 JIS K 7117-1
64mPa・s
蒸 発 速 度 試料重量の経時変化を記録し、試料重量が
80%に減少したときの時間
980秒
硬 化 乾 燥 性 JIS K 5600-1-1 20分
接 触 角 JIS K 2396 100°
粘 着 力 JIS Z 0237 0.0N/10mm
付 着 性 JIS K 5600-5-6(基板:モルタル板) 100/100
耐 水 試 験 50°C温水浸漬、240h、JIS K 5600-5-6 100/100  
耐アルカリ試験 20°C飽和水酸化カルシウム水溶性72h浸漬の外観 外観変化無し  
耐中性塩水噴霧性 JIS Z 2371促進試験1000h 錆を認めない
促 進 耐 候 性 促進試験3000h 膨れ、剥がを認めない
※日本塗料検査協会東支部委託試験結果




製品名
適用素地
特性
標準使用量
混合数
可使時間
備考
貼紙
落書
Pioガード
塗装面、樹脂フィルム面
金属、亜鉛メッキ面
×
80〜100ml/m²
一液
-
Pioバリアー
コンクリート、木材
150〜200ml/m²
一液
-
PioミラクリンZ
塗装面、金属、亜鉛メッキ面
100〜120ml/m²
二液
3-4時間
※下地の状態により標準塗装面積は多少前後します。
当社製品における効果の比較
 ◎大変有効 / ○有効 /  △やや有効

製品名
特    性
備考
ラッカ−スプレ−
水性スプレ−
油性マジック
修正ペン
特殊塗料
Pioパワー
Pioハイパワー
※落書の種類、経過時間によっては除去できない場合があります。
※下地の種類によっては塗装を傷めたり侵す場合があります。
当社製品における効果の比較
 ◎大変有効 / ○有効 /  △やや有効

<警告>
1.引火性の液体です。2.有機溶剤中毒の恐れがあります。3.目、皮膚、粘膜に対して刺激性を有します。
<注意事項>
・発生する蒸気は引火性がある為、火気のあるところでは使用しないで下さい。
・取扱中は、できるだけ皮膚に触れないようにし、必要に応じて有機ガス用防毒マスク又は、送気マスク、保護手袋、保護眼鏡を着用して下さい。
・本来の用途以外に使用しないで下さい。
・目に入った場合には直ちに多量の水で洗い、できるだけ早く医師の診察を受けて下さい。
・誤って飲みこんだ場合には、できるだけ早く医師の診察を受けて下さい。
・蒸気・ガスなどを吸い込んで気分が悪くなった場合は、空気の清浄な場所で安静にし、必要に応じて医師の診察を受けて下さい。
copyright © 2006 Piotec CO.,Inc. All Rights Reserved.